MUMONKAN/後序〜テキスト・参考および引用文献

Top > MUMONKAN > 後序〜テキスト・参考および引用文献

【後序】


   【後序】

從上佛祖垂示機縁、據款結案、初無剰語。掲翻腦蓋、露出眼睛。肯要諸人直下承當、不從佗覓。若是通方上士。纔聞擧著、便知落處。了無門戸可入、亦無階級可升。掉臂度關不問關吏。豈不見玄沙道、無門解脱之門、無意道人之意。又白雲道、明明知道只是者箇、爲甚麼透不過。恁麼説話、也是赤土■(才+茶)牛■(女+爾)。若透得無門關、早是鈍置無門。若透不得無門關、亦之辜負自己。所謂、涅槃心易曉、差別智難明。明得差別智、家國自安寧。

時紹定改元 解制前五日 楊岐八世孫 無門比丘慧開 謹識。

  無門關 巻終


   (後序)

從上の仏祖垂示の機縁、款によって案を結し、初めより剰語無し。脳蓋を掲翻し、眼睛を露出す。肯て諸人の直下に承当して、佗に従って覓めざらんことを要す。
若し是れ通方の上士ならば、纔かに挙著するを聞いて、便ち落処を知らん。了に門戸の入る可き無く、亦た階級の升る可き無し。臂を掉って関を度って関吏 を問わじ。豈に見ずや、玄沙の道うことを、「無門は解脱の門、無意は道人の意」と。又た白雲道わく、「明明として知道に只だ是れ者箇、甚麼としてか透不過なる」と。恁麼の説話、也た是れ赤土もて牛■(女+爾/ねい)を■(才+茶/ぬ)る。若し無門関を透得せば、早く是れ無門を鈍置す。若し無門関を透り得 ずんば、亦た乃ち自己に辜負す。所謂、涅槃心は暁め易く、差別智は明め難し。差別智を明め得ば、家国自ずから安寧ならん。

時に紹定改元 解制の前五日 楊岐八世の孫 無門比丘慧開 謹んで識す。

     無門関 巻終


   後序  (西村恵信 訳)
今まで見てきた仏祖たちが示された四十八則の話は、世間に判決を下すための法律条文があるようにはっきりしていて、当初から不必要な言句など一つも語られていないのである。
それらは、禅に参じる修行者たちが、脳味噌をひっくり返し、目玉を剥(む)いて、一人一人がしっかりこれらを受け取り、決して他人に追随して答えを求めるようなことのないように配慮されている。だからもし四方八方に通じるような秀れた人であれば、どの則にしても少しでも提示せられると、直ちにそれが結局どういうことであるかを見抜いてしまうであろう。
そのような人にとっては、ここからというような門戸はなく、また登って行くような階段もないのである。ただ大手を振って関門を通り、関所の番人などには眼もくれないのである。そう、かの玄沙師備和尚も
「無門こそ解脱の門、無意こそ道人の意だ」
と言われているし、また白雲守端和尚も
「いかにもはっきりしていることでありながら、これがなかなか透れないのは何故であろうか」
と言われたのである。そもそもそういう話さえ、もはやあらずもがなということではある。
もし無門関を通り抜けることができるならば、すでにこの無門を越えたことになるし、もし無門関を透過できぬとなると自分に対する裏切りになる。よく言うように、悟りの心は明らめやすいが、それを現実生活のなかでどう活かすかということは、そう簡単に分かるものではないのだ。この日常生活のなかでハタラク智慧さえはっきりすれば、家庭も国家もひとり安泰であろう。

時は紹定改元(1228)年、解制の五日前(七月十日)。楊岐派八世の法孫である  無門比丘慧開、謹んで識す。

     無門関 終



   【テキスト・参考および引用文献】

ぼくは、とくに禅や仏教にくわしいわけではなく、その関連の専門書などを読むチカラも根気もないので、読んだものはおもに入門書や概説書程度のものですが、ここに紹介しておきます。



テキストとして、



『無門関』(岩波文庫/西村恵信訳注)

原文と訓読文に西村氏による訳注と現代語訳が添えられている。現代語訳は平易なコトバではあるが、なにせ公案の内容そのものが読めば「わかる」というしろものではないので、訳を読んだだけではただナンセンスなハナシが展開されているだけで、たいしておもしろくはないだろう。
ちなみに、このぼくの「無門関」のなかの現代文は、ぼくがじぶんの勝手な解釈で原文をかなりねじまげた部分もあるので、あまり信用しないで下さい。

上のようなわけで、なんらかのガイドブックのようなものが必要なのだが、これがまた読んでもわからないのが多い。
ガイドブックとして一般的なものに、いわゆる提唱本というのがある。
これはぼくの印象では、ルールブックのようなものである。禅ルールを知るにはいいが、禅そのものへの好奇心を満たしてくれるものではない。なんどもふれたがかんじんなところは『体験せんとわからんよ』ということになってる。これから本格的に参禅参学しようとするひとにはガイドブックとなるだろうが、ぼくらシロートには親切な本とはいえない。
大きな書店にいけば数種類の提唱本が並んでいるが、どれもたいして変わりはないので、読みやすいのを選べばいいと思う。ちなみにぼくがいちばんお世話になったのは、

柴山全慶『無門関講話』(創元社)

これはもともとアメリカの大学などでの講義録であったものをあらためて和訳したもの。現代日本人は仏教について異邦人同然の知識しか持たないので、最初から日本人向けに書かれたものより、かえっていいかもしれないという意図での出版らしい。公案そのものについて以外に、それにまつわるエピソードなども豊富である。

哲学や学問では禅の究極のところはわからんのじゃ、とは提唱本などでもくりかえされることである。そりゃそうでしょうよ。でもそんなことはべつに禅にかぎったことじゃなし。詩や絵画でもそうだろう。べつにサトリたいわけじゃないんだから知的好奇心が満たされればシロートとしては満足である。それ以上のことは最初から期待してない。

西田幾太郎『善の研究』<「日本の名著47」>(中央公論社)

をいままで読んでなかったのはウカツだった。あ〜、損してた。もっとはやく読んでりゃよかった。なにせテツガクは苦手で、ずっと避けてきたからなあ・・・・・・。
その西田の弟子の、

久松真一『東洋的無』(講談社学術文庫)

は、ぼくのアタマではちと難解。でも、ところどころ興味深い記述あり。

西田の友だちに鈴木大拙というひとがいるが、禅に関心を持ったひとがまず手にするのが彼の本でしょう。海外でも(むしろ海外でよりいっそう)よく知られたひとで、ギンズバーグとケルアックが大拙を訪問したときのエピソードが『現代詩手帖特集版・アレン・ギンズバーグ』というのに、ちらっとでてる(「ギンズバーグと仏教」)。

鈴木大拙『無心ということ』(角川文庫)
鈴木大拙『禅とは何か』(角川文庫)

ギンズバーグについて大拙は『自由人の寒山・拾得を、今に写したギンズベルグ氏は誠に近来の破天荒漢である』と、

鈴木大拙『東洋的な見方』(岩波文庫)

のなかで(「老人と小児性」)紹介している。

一般意味論(General Semantics)と禅的な考え方の共通点はよく指摘されるところです。ギンズバーグとケルアックはウィリアム・バロウズから意味論を教わったという。その意味論体験をギンズバーグは次のように語っている。

『すべての西洋哲学は世界を概念化することで卑小化してしまった。ひとびとはことばがあれば実際にできごとがあると錯覚してしまった。だからわたしたちの議論はことばについてであって、杖についてではなかった。というわけで、われわれは精神的妄想、意味論的混乱の犠牲になっているのだ。
というわけで、わたしははじめて、月と、月をさす指、の区別をあじわったのです。いいかえれば、はじめてあじわった禅といいましょうか、あるいは「空」をわかったというか、とにかくことばはそれ自体には意味はないということです』
                「わたしにとって東洋とは」(上記『現代詩手帖特集版』)



その一般意味論の古典的名著が、

S.I.ハヤカワ『思考と行動における言語』(岩波現代叢書)

コトバはモノではない、地図は現地ではない、コトバの意味はコトバの中にではなく、われわれのアタマの中にある・・・・・・。読めば必ずトクをする。

柳田聖山・梅原猛『仏教の思想7 無の探求<中国禅>』(角川文庫)

『仏教の思想』シリーズは読みやすく、また手に入りやすいので重宝します。

梶山雄一・上山春平『仏教の思想3 空の論理<中観>』(角川文庫)
田村芳朗・梅原猛『仏教の思想5 絶対の真理<天台>』(角川文庫)

ほかに、

柳田聖山『禅思想』(中公新書)
柳田聖山『ダルマ』(講談社学術文庫)
森三樹三郎『「無」の思想』(講談社現代新書)

など。
西脇順三郎はその詩論のなかでしばしば禅にふれている。

西脇順三郎西脇順三郎詩論集』(思潮社)
西脇順三郎『詩学』(筑摩叢書)

は、ぼくの詩の教科書です。

西脇順三郎『雑談の夜明け』(講談社学術文庫)
西脇順三郎『あざみの衣』(講談社文芸文庫)

などなど。その他、

『臨済録』(岩波文庫/入矢義高訳注)
『禅語録』<「世界の名著18」>(中央公論社)
オルダス・ハクスレー『永遠の哲学』(平河出版社/中村保男訳)
トマス・ブルフィンチ『ギリシア・ローマ神話』(角川文庫/大久保博訳)

心理学関連のものでは、

河合隼雄『影の現象学』(講談社学術文庫)
河合隼雄『コンプレックス』(岩波新書)
河合隼雄『無意識の構造』(中公新書)
C.G.ユング『人間と象徴』(河出書房新社/河合隼雄監訳)
M.-L.フォン・フランツ『男性の誕生----「黄金のろば」の深層』(紀伊國屋書店/松代洋一、高後美奈子訳)
新宮一成『ラカンの精神分析』(講談社現代新書)

あと、そもそも『無門関』を読んでみようというきっかけになった

尾形仂『座の文学』(講談社学術文庫)

が、いまだに読みさしになっている。じつにぼくの場当たり的な読書方法があらわれていて恥ずかしい。



初出 1999/06/09 ニフティサーブ「現代詩フォーラム