MUMONKAN

Top > MUMONKAN

無門関 ZEN & POEM

目次

禪宗無門關【序】
趙州狗子【第1則】徳山托鉢【第13則】三座説法【第25則】庭前栢樹【第37則】
百丈野狐【第2則】南泉斬猫【第14則】二僧卷簾【第26則】牛過窓櫺【第38則】
倶胝堅指【第3則】洞山三頓【第15則】不是心佛【第27則】雲門話墮【第39則】
胡子無髭【第4則】鐘聲七條【第16則】久嚮龍潭【第28則】■倒淨瓶 【第40則】
香嚴上樹【第5則】國師三喚【第17則】非風非幡【第29則】達磨安心【第41則】
世尊拈花【第6則】洞山三斤【第18則】即心即佛【第30則】女子出定【第42則】
趙州洗鉢【第7則】平常是道【第19則】趙州勘婆【第31則】首山竹篦【第43則】
奚仲造車【第8則】大力量人【第20則】外道問佛【第32則】芭蕉■杖 【第44則】
大通智勝【第9則】雲門屎■ 【第21則】非心非佛【第33則】他是阿誰【第45則】
清税弧貧【第10則】迦葉刹竿【第22則】智不是道【第34則】竿頭進歩【第46則】
州勘庵主【第11則】不思善惡【第23則】倩女離魂【第35則】兜率三關【第47則】
巖喚主人【第12則】離却語言【第24則】路逢達道【第36則】乾峰一路【第48則】
後序〜テキスト・参考および引用文献【後序】
絶対の詩学〜『無門関』を読みながら【あとがきにかえて】


引用詩句索引


作者作品名引用頁
アレン・ギンズバーグ『ニューヨーク公立図書館にて』【三十 即心即佛】【三十三 非心非佛】
E.E.カミングス『 とっても多くのどちらの風が』【二十三 不思善惡】
石垣りん『表札』【四十五 他是阿誰】
一休禅師『<心とはいかなるものを言う・・・・>』【三十五 倩女離魂】
茨木のり子『詩集と刺繍』【二十二 迦葉刹竿 】
W.H.オーデン『カジノ』【二十五 三座説法】
小笠原長生『<舎利子みよ空即是色花ざかり>』【四十七 兜率三關】
長田弘『殺しうた』【五 香嚴上樹】
北園克衛『赤い縞のあるバラッド【二十九 非風非幡】
北原白秋『薔薇二曲』【七 趙州洗鉢】
佐藤春夫『少年の日』【三十二 外道問佛】
白石かずこ『サックスに入って出てこないアル』【二十 大力量人】
J・シュペルヴィエル『神が人間を考える』【三十七 庭前栢樹】
新川和江『わたしを束(たば)ねないで』 【十七 國師三喚】
『比喩でなく』【二十八 久嚮龍潭】
『オーマイダーリン』【四十二 女子出定】
鷹羽狩行『<一対か一対一か枯野人>』 【二 百丈野狐】
谷川俊太郎『コップへの不可能な接近』【三 倶胝堅指】
『旅 7』【五 香嚴上樹】
『間違い』【十三 徳山托鉢】
『生きる』【十八 洞山三斤】
『二十億光年の孤独』【二十四 離却語言
『隠された名の名乗』 【四十三 首山竹篦】【四十四 芭蕉■杖】
竹中郁『足どり』 【三十一 趙州勘婆】
田村隆一『木』 【三 倶胝堅指】
『四千の日と夜』【十四 南泉斬猫】
『Nu』【三十八 牛過窓櫺】
寺山修司『生まれた年』【十六 鐘聲七條】
『懐かしのわが家』【二十六 二僧卷簾】
寺山修司青春歌集』より 【三十四 智不是道】
陶淵明『帰去来』 【一 趙州狗子】
永瀬清子『蛇』【三十六 路逢達道】
『空中楼閣』【四十一 達磨安心】
西脇順三郎『旅人かえらず』より【二十一 雲門屎■】
『えてるにたす』より【三十九 雲門話墮】
藤富保男『ふと』【二十七 不是心佛】
堀口大学『月の招待』【十 清税弧貧】
『噴水』【十九 平常是道】
まど・みちお『もうすんだとすれば』【四 胡子無髭】
『やぎさんゆうびん』【十一 州勘庵主】
『ぼくの?』【十二 巖喚主人】
マりー・ローランサン『鎮静剤』 【四十八 乾峰一路】
宮沢賢治『銀河鉄道の夜』より【六 世尊拈花】
室生犀星『誰かをさがすために』【十五 洞山三頓】
八木重吉『素朴な琴』【八 奚仲造車】
山之口貘『天から降りて来た言葉』【九 大通智勝】
『生きる先々』【四十六 竿頭進歩】
吉田加南子『***(不意に・・・・・・)』【七 趙州洗鉢】
ローレンス・ファーリンゲティ『人民党宣言----愛をこめて、詩人たちへ』【四十 ■倒淨瓶】



Tag: 無門関