MUMONKAN/外道問佛

Top > MUMONKAN > 外道問佛

【第32則】


   三十二 外道問佛

世尊、因外道問、不問有言、不問無言。世尊據座。外道贊歎云、世尊大慈大悲、開我迷雲令我得入。乃具禮而去。阿難尋問佛、外道有何所證贊歎而去。世尊云、如世良馬見鞭影而行。
無門曰、阿難乃佛弟子、宛不如外道見解、且道、外道與佛弟子相去多少。

    頌曰
  劍刃上行 氷綾上走
  不渉階梯 懸崖撒手


  三十二 外道(げどう)、仏に問う

世尊、因みに外道問う、「有言(うごん)を問わず、無言を問わず」。
世尊據座(こざ)す。
外道賛歎して云く、「世尊の大慈(だいず)大悲、我が迷雲を開いて我をして得入(とくにゅう)せしめたもう」。
乃ち礼(らい)を具して去る。
阿難、尋(つ)いで仏に問う、「外道は何の所証(しょしょう)有ってか賛歎して去る」。
世尊云く、「世の良馬(りょうめい)の鞭影(べんねい)を見て行くが如し」。

無門曰く、「阿難は乃ち仏弟子、宛(あた)かも外道の見解(けんげ)に如かず。且らく道え、外道と仏弟子と相い去ること多少ぞ」。

    頌に曰く
剣刃上(けんにんじょう)行き、氷綾上(ひょうりょうじょう)に走る。
階梯(かいてい)に渉(わた)らず、懸崖(けんがい)に手を撒(さっ)す。


ある外道(異教徒)がブッダに問いかけた。
外道『わたしの知りたいのはコトバでも沈黙でもありません』
ブッダは静かに坐っている。それを見て外道は賛嘆、礼拝して言った。
外道『その慈悲あるお姿、わたしの迷いはいっぺんにはれました』


アーナンダは意味がわからず、あとでブッダに質問した。
ブッダ『よい馬はムチの影を見ただけで走り出すのだよ』


  『少年の日』 佐藤春夫

1


野ゆき山ゆき海辺ゆき
真ひるの丘べ花を藉(し)き
つぶら瞳の君ゆゑに
うれいは青し空よりも。


2


影おほき林をたどり
夢ふかきみ瞳を恋ひ
なやましき真昼の丘べ
花を藉き、あはれ若き日。


3


君が瞳はつぶらにて
君が心は知りがたし。
君をはなれて唯ひとり
月夜の海に石を投ぐ


4


君は夜な夜な毛糸編む
銀の編み棒にあむ糸は
かぐろなるいとあかき糸
そのラムプ敷き誰(た)がものぞ。



   1999/02/07


三十四【智不是道】