Anthology/アドリブ #2

Top > Anthology > アドリブ #2


  アドリブ #2


夢を分解したら日常になる
火を分解したらトマトになる
僕を分解したら礼儀正しい猫になる


  ・  ・  ・


詩を分解したら翅になって飛んでった
また志になって地を這った
また死になって歴史の皺になった


  ・  ・  ・


詩の皺は
魂をふかく刻んで
分解するので
詩人の顔は皺だらけになる
「ぼくたちはお互いに愛しあわなければならない
さもなくば死を」
と告げた詩人の顔を見よ


  ・  ・  ・


蝋細工のコトバ使い
愉快な言語遊戯詩人たち
溶けてゆくのか
燃えながら
不妊の卵のごとく
曇った内面を直立させて
奇異奇異と鳴きながら
イメジは飛ぶ。


  ・  ・  ・


抒情詩はプラットフォームから
出発して
無人の駅についた
一服シガーをふかしてから
魂色の夕焼けに向かって
歩を進めた