Anthology/<昔詩(十代のノートから) 1976〜1978>

Top > Anthology > <昔詩(十代のノートから) 1976〜1978>


  <昔詩(十代のノートから) 1976〜1978>


  


  誕生日


木もれ陽の底で泣いている
ひとりの少女
地面から湧き出てきたように
ただうずくまって泣いている

くらやみをくぐりぬけてきて
この世では
まぶしいものばかりと出会うのだ

ふるえる黒髪は
産声をあげている

真冬のかたくなな地面の下
少女の母親が
昔のメロディを想い出した


   


  残像


だれか私の背中に顔をうずめる人がいる
だが海を越えてきた私の優しさは
もはやそれを咎めることをしない-----

  「夏の日 ニューヨークの街角で
  東京のビル街 ペニイ・レインの安全地帯で
  少女の手を離れた白い風船は高さだけを求めて
  人々の心の扉を舞い上がっていった」

そして闇よ 光を閉ざすことをするな
許された女のため
たったひとつの光に照らされるには
あまりに若い彼女のために
そして あなたよ
やがて時が流れ
商店街の雑踏を通り過ぎ 藁葺き屋根を越え
高速道路の車と競争しながら
山を越え
川を越え
海を越えた白い風船があなたの手に落ちてきたとしても
共に暮らす彼女のため
あなたは部屋の明かりを
そっと消してやることが出来る


   


  失題


女は
うつむけ
上目づかいに
未来を見る
すこし現れ
すこし隠す
指の謎のようには
櫛を入れることなく
木漏れ陽を映せ

  「男なんて太陽じゃない
  私ののぞくおもちゃ
  の万華鏡にすぎない
  太陽のかけらに注がれた
  ガラスの粉末にすぎない  この頃
  ファウストを導くサタン
  のことを考える」

暗闇にひとつの塔をたてろ
窓に首を吊った男の指から青い糸が垂れ
世界はまた一回転する
むきかけの果実のように
鮮やかに黒い女の歯がゆっくりと
それを咀嚼する
あこがれ
が喉につまる------

三千年も先に吐き出してしまう


   


  せんちめんたる


生まれてから出会った
あまたの青空の記憶が
ふいにひとつになった
ぼくの瞳は透明になって
おとろえた夏の青空を
飛翔する

むずかしい本をわすれ
青空を探検することにした冬の日
かたい土の中に
ぼくの感傷を封じ込める
 ・・・・・・
封じ込んだ!