Anthology/【封蝋】

Top > Anthology > 【封蝋】


僞學生に燭の炎(ほ)昏し落椿舞臺衣裝の襞のモノロォグ


蝶焦がし新鮮な眸と漆黒の爪もつ淑女へ招待状


剃刀を舐め舐め紅つけし女は薔薇のごとく浴槽に沈む


われ葬(はぶ)る朝縊らるる者等欲し街角より少女二三人


馥郁たる脳髄ふかくほろびつつありわが王國と誘蛾燈