西脇順三郎

Top > 西脇順三郎

Poet

脳髄礼賛

    「脳髄礼賛」


 高校二年の夏、図書室で西脇順三郎の『太陽』を読んだ。
 ポエジィが ray となってぼくの脳髄を貫通して
 科学教室の方に曲がっていった・・・・。


  「太陽」  西脇順三郎

カルモジインの田舎(いなか)は大理石の産地で
其処(そこ)で私は夏をすごしたことがあった
ヒバリもいないし(へび)も出ない
ただ青いスモモの(やぶ)から太陽が出て
またスモモの藪へ沈む
少年は小川でドルフィンを(とら)えて笑った

リンク

_Link_西脇順三郎小千谷市立図書館|西脇順三郎記念室
_Link_西脇順三郎ウェブでしか読めない西脇順三郎-回想の西脇順三郎 「学匠西脇先生」由良 君美
_Link_西脇順三郎松岡正剛の千夜千冊『雑談の夜明け』西脇順三郎
_Link_西脇順三郎「新井素子研究会」新井素子関連文献:西脇順三郎
_Link_西脇順三郎井上輝夫「比較文化A 第3回-日本へのフランス詩の移入史(2)」

Keio University SFC Global Campusにおける井上輝夫氏の講義。「日本へのフランス詩の移入史(2)」で西脇がとりあげられている。(「SFC-GC講座は、SFCで秋学期に実施されている授業を収録し、その収録した授業内容をRealVideo形式にデジタル化された映像、音声、画像およびHTML形式の授業資料の形にし、その組み合わせによって提供されます」



Tag: 西脇順三郎