memo

Top > memo

memo/2012-05-22

読者包む温かい言葉 杉山平一さん死去 (神戸新聞)

memo/2011-09-20

西脇順三郎 慶應義塾大学最終講義「ヨーロッパ現代文学の背景と日本」より冒頭部分。
 
Artist: 西脇順三郎
Album: 西脇順三郎 最終講義
Label: 慶應義塾大学出版会 (2011)

Tag: youtube

memo/2011-02-17

 Hey diddle diddle,
 The cat and the fiddle
 The cow jumped over the moon;
 The little dog laughed
 To see such sport,
 And the dish ran away with the spoon.

Tag: マザー・グース

memo/2011-02-13

 「ややこしや、ややこしや」
 『間違いの狂言』(原作:シェイクスピア『間違いの喜劇』,翻案:高橋康也)

memo/2009-10-22

美しい国 (作詞:永瀬清子)

 女詩人永瀬清子さんの世界 from 沢田知可子
明治生まれの女詩人永瀬清子さんの世界を歌と朗読で綴ったアルバムが出来ました。この時代を生きぬくために大切なメッセージを残してくださった永瀬さんの流れるような言葉がごく自然に音楽になりました。本当のやさしさ、本当の強さ、そして慎ましく謙虚さを持ち合わせた本当のおとなに出会えたときの歓びをぜひとも感じて頂けますれば幸いです。


沢田知可子さんは好きな歌い手で、その沢田さんが永瀬清子の詩を歌う、というので聞いてみたいなと思うのだが、このコメント中の「女詩人」という表記がちょっとなじめない。差別的ニュアンスがある、と評判の悪い「女流」というコトバを使いたくないのかな?
「女性詩人」じゃだめなのかな?それとも永瀬清子自らがそういうコトバを使っていたのだろうか。

もちろん永瀬清子は偉大な詩人であり、そもそも余計な冠などは必要ないことは言うまでもありません。
                                            2010-03-22
Tag: 詩人