calendar_viewer memo/

memo/2009-10-22

美しい国 (作詞:永瀬清子)

 女詩人永瀬清子さんの世界 from 沢田知可子
明治生まれの女詩人永瀬清子さんの世界を歌と朗読で綴ったアルバムが出来ました。この時代を生きぬくために大切なメッセージを残してくださった永瀬さんの流れるような言葉がごく自然に音楽になりました。本当のやさしさ、本当の強さ、そして慎ましく謙虚さを持ち合わせた本当のおとなに出会えたときの歓びをぜひとも感じて頂けますれば幸いです。


沢田知可子さんは好きな歌い手で、その沢田さんが永瀬清子の詩を歌う、というので聞いてみたいなと思うのだが、このコメント中の「女詩人」という表記がちょっとなじめない。差別的ニュアンスがある、と評判の悪い「女流」というコトバを使いたくないのかな?
「女性詩人」じゃだめなのかな?それとも永瀬清子自らがそういうコトバを使っていたのだろうか。

もちろん永瀬清子は偉大な詩人であり、そもそも余計な冠などは必要ないことは言うまでもありません。
                                            2010-03-22
Tag: 詩人

memo/2009-02-11

2ちゃんねる Youtubeで見る哲学者

96 名前:考える名無しさん[sage] 投稿日:2008/05/17(土) 11:01:02 0
Jacques Derrida - Deconstruction And The 'Eccentric Circle'
http://jp.youtube.com/watch?v=8xyYGFhPDHo

質問者「あなたは脱構築をとなえたことで知られています。脱構築の起源について少しお話し願えませんか?」

「その質問に答える前に少し前置きを述べさせてください。
私が指摘したいのはこの完全に人工的な今の状況です。
私は誰がこれを見ることになるのか知りません。 しかし私はこの周りにつくられた人為的な環境を、消去したいのではなくむしろ強調したいのです。
そして「自然性」などという存在しないものを、さも存在するように振る舞いたくはないのです。
ある意味で、私はもうすでにあなたの脱構築に関する質問に答え始めています。
というのも脱構築の振る舞い方の一つは、自然でないものを自然化しない、というものだからです。

歴史、諸制度、社会によって条件づけられているものを自然なものであると想定しないこと、それが脱構築です。」

Tag: 哲学