MUMONKAN/徳山托鉢のソース

Top > MUMONKAN > 徳山托鉢
#freeze
#menu(MUMONKAN/mumonkanMenu)
【第13則】
>
   ''十三 徳山托鉢''&br;
''徳山、一日托鉢下堂。見雪峰問者老漢鐘未鳴鼓未響、托鉢向甚處去、山便回方丈。峰擧似巖頭。頭云、大小徳山未會末後句。山聞令侍者喚巖頭來、問曰、汝不肯老僧那。巖頭密啓其意。山乃休去。明日陞座、果與尋常不同。巖頭至僧堂前、拊掌大笑云、且喜得老漢會末後句。他後天下人、不奈伊何。''
''無門曰、若是未後句、巖頭徳山倶未夢見在。■(てへん+僉)點將來、好似一棚傀儡。''&br;
    ''頌曰''
  ''識得最初句 便會末後句''
  ''末後與最初 不是者一句''
&br;
  十三 徳山の托鉢(たくはつ)
徳山、一日托鉢して堂に下る。雪峰(せっぽう)に「者(こ)の老漢、鐘も未だ鳴らず鼓(く)も未だ響かざるに、托鉢して甚(いずれ)の処に向かって去る」と問われて、山、便ち方丈に回(かえ)る。峰、巌頭に挙似す。頭云く、「大小の徳山、未だ末後(まつご)の句を会ず。山、聞いて侍者(じしゃ)をして巌頭を喚び来らしめて、問うて曰く、「汝、老僧を肯(うけが)わざるか」。巌頭、密に其の意を啓(もら)す。山、乃ち休し去る。明日(みょうにち)陞座(しんぞ)、果して尋常(よのつね)と同じからず。巌頭、僧堂前に至り、掌(たなごころ)を拊(ふ)し大笑して云く、「且く喜び得たり老漢末後の句を会せしことを。他後、天下の人、伊(かれ)を奈何(いかん)ともせず」。&br;
無門曰く、若し是れ末後の句ならば、巌頭、徳山、倶(とも)に未だ夢にも見ざる在り。点■(検/てへん+僉)し将(も)ち来たれば、好(はな)はだ一棚(いっぽう)の傀儡(かいらい)に似たり」。
&br;
    頌に曰く
  最初の句を識得すれば、便ち末後の句を会ず
  末後と最初と、是れ者の一句にあらず。

&br;


「
#block(width:30,wholealign:left)
#block(next,wholealign:left)
(1)ある日、徳山和尚はどうしたことか食事の合図のないうちに食器を持ってやってきた。
(2)これを見た弟子の雪峰が『おや、どちらにいくつもりです?』となじった。和尚は何も言わずに引き返した。
(3)和尚を引き下がらせたことを雪峰は同門の巌頭に自慢げに話した。
(4)『老師もまだまだ絶対の一句は得ていないようだ』と巌頭は言った。ワシをバカにしとる、と思った徳山老は巌頭を呼びつけた。
(5)やって来た巌頭は何事か老師に耳打ちした。腑に落ちたように老師はそのまま黙った。
(6)あくる日の老師の説法は常にないほど立派だったので、巌頭は進み出ると『やあ嬉し。老師が究極の一句を得られたぞ。もう誰も手も足も出まい』と手を打って叫ぶと、大笑いした
#block(end)

&br;
「なんや、この(1)(2)(3)・・・ちゅうのは?」
「それぞれにひとつずつマチガイがあるのだ。
(1)徳山といえば『徳山の棒、臨済の喝』といわれ、中国禅史上に残るエライひとだった。そんなひとがなんで合図もないのに食事をもらいにノコノコ現れたのか。なんか作為的でヘンだ。
(2)さらに雪峰の問いかけに対して、ナゼ沈黙したままだったのか。徳山ほどのひとならば、どんな機会にでも禅的な受け答えをできないはずがないのに。ヘンだ。
(3)そういう老師の不自然さに気づかずに、自分の問答の首尾を誇っている雪峰はなんかを見落としてるぞ。
(4)巌頭は徳山和尚の法嗣(法統を受け継ぐあととり)となった優れた禅師だった。そういうひとが雪峰の軽はずみな態度を批判するどころか、『徳山もたいしたことないね』とも取れるような発言をしたのはナゼか。
(5)徳山と巌頭はナゼ、ヒソヒソ話で了解し合ったのか?こういう場合は堂々と問答をするのが常道なのに。なんかタクラミがあるぞ。
(6)次の日の徳山の説法の変わり様はなんなのか。さらにそれをおおげさに誉め称える巌頭はみんなに何を訴えようとしているのか」
「なんだか芝居がかってるね」
「無門は『まるで棚にならべた、からくり人形じゃないか』と言ってる。末後の一句とは何か、とか、巌頭は何を耳打ちしたのか、とかはボクにはわからんけど、ただ、この公案全体が『メを覚ませ、メを覚ませ』というメッセージのような気がするな」

&br;
>
>>  『間違い』 谷川俊太郎&br;
わたしのまちがいだった
わたしの まちがいだった
こうして 草にすわれば それがわかる&br;
そう八木重吉は書いた(その息遣いが聞こえる)
そんなにも深く自分の間違いが
腑に落ちたことが私にあったか&br;
草に座れないから
まわりはコンクリートしかないから
私は自分の間違いを知ることができない&br;
たったひとつでも間違いに気づいたら
すべてがいちどきに瓦解しかねない
椅子に座って私はぼんやりそう思う&br;
私の間違いじゃないあなたの間違いだ
あなたの間違いじゃない彼等の間違いだ
みんなが間違っていれば誰も気づかない&br;
草に座れぬまま私は死ぬのだ
間違ったまま私は死ぬのだ
間違いを探しあぐねて&br;

&br;
   1998/12/07
&br;
→[[十四【南泉斬猫】>MUMONKAN/南泉斬猫]]