MUMONKAN/平常是道

Top > MUMONKAN > 平常是道

【第19則】


   十九 平常是道

南泉、因趙州問、如何是道。泉云、平常心是道。州云、還可趣向否。泉云、擬向即乖。州云、不擬爭知是道。泉云、道不屬知、不屬不知。知是妄覺、不知是 無記。若眞達不擬之道、猶如太虚廓然洞豁。豈可強是非也。州於言下頓悟。
無門曰、南泉被趙州發問、直得瓦解氷消、分疎不下。趙州縱饒悟去、更參三十年始得。

    頌曰
  春有百花秋有月 夏有涼風冬有雪 若無閑事挂心頭 便是人間好時節


  十九 平常(びょうじょう)是れ道(どう)
南泉、因みに趙州問う、「如何なるか是れ道」。泉曰く、「平常心是れ道」。州云く、「還って趣向すべきや」。泉曰く、「向わんと擬すれば即ち乖(そむ)く」。州云く、「擬せずんば、争(いか)でか是れ道なることを知らん」。泉曰く、「道は知にも属せず、不知にも属せず。知は是れ妄覚(もうかく)、不知は是れ無記(むき)。若し真に不擬の道に達せば、猶を太虚(たいきょ)の廓然(かくねん)として洞豁(とうかつ)なるが如し。豈に強いて是非す可(べ)けんや」。州、言下に頓吾(とんご)す。

無門曰く、「南泉、趙州に発問せられて、直に得たり、瓦解氷消(がげひょうしょう)、分疎不下(ぶんそふげ)なることを。趙州、縦饒(たと)い悟り去るも、更に参ずること三十年にして始めて得ん」。

    頌に曰く
春に百花有り秋に月有り、夏に涼風有り冬に雪有り。若し閑事(かんじ)の心  頭に挂(か)くる無くんば、便ち是れ人間の好時節(こうじせつ)。



「これは南泉和尚の元で修行をかさねていたころの若き趙州が悟りを開いたときのエピソードだそうだ

趙州『道、とはどういうものでしょう?』
南泉『平常のココロ、これ道さ』
趙州『どのようにそのココロを追ってゆけばいいのですか?』
南泉『追えば逃げてゆくものだ』
趙州『追わないでどうしてつかまえることができるでしょうか』
南泉『追いついたと思っても、それは影だ。かといって立ち止まっているものには、道など無駄になるだけだ。しかし、無限の道を歩いているならば、追いつくとか追いつかないとか、考えるだろうか』



このとき、趙州は悟ったという」

  『噴水』 堀口大学

夕暮である。
一人で噴水を眺めよう。


火をまねて水が燃え上がる
これが噴水の愚(おろか)さだ。


だれか教へてやる人はないか?
それは如何にも馬鹿げた事だと。


然(しか)し何も知らずに
一心に水は燃え上る。


なほ高く なほ力強く
水は熱心に燃え上がる。


けれどもやがて
水は落ちて来る。


悲しい響きして
水は落ちて来る。


さびしい姿して
水は落ちて来る。


雨のやうに 涙のやうに
水は落ちて来る。


夕ぐれだ。
一人で噴水を眺めよう。


雨のやうに 涙のやうに
哀れさびしく落ちて来るのは


永久になぐさまぬ
水のほのほであるか?

それとも彼の女を恋する
哀な私の心であるか?

ああ この世の中で炎ばかりが
天へ向かつて上ることを許されてゐるのだ。


これが噴水の愚(おろか)さだ。
だれか教へてやる人はないか?



   1998/12/14


二十【大力量人】