MUMONKAN/達磨安心

Top > MUMONKAN > 達磨安心

【第41則】


   四十一 達磨安心

達磨面壁。二祖立雪。斷臂云、弟子心未安、乞師安心。磨云、將心來爲汝安。
祖云、覓心了不可得。磨云、爲汝安心竟。
無門曰、■齒老胡、十万里航海特特而來。可謂是無風起浪。末後接得一箇門人、又却六根不具。■。謝三郎不識四字。

    頌曰
  西來直指 事因囑起
  撓聒叢林 元來是■

  四十一 達磨の安心(あんじん)

達磨面壁(めんぺき)す。
二祖雪に立つ。臂(ひじ)を断(き)って云く、「弟子は心未だ安からず。乞う、師安心せしめよ」。
磨云く、「心を将ち来れ、汝が為に安んぜん」。
祖云く、「心を覓むるに了に不可得なり」。
磨云く、「汝が為に安心し竟(おわ)んぬ」。

無門曰く、「■(けつ)歯の老胡、十万里の海を航して特特として来る。謂つべし是れ風無きに浪を起こすと。末後に一箇の門人を接得して、又た却って六根不具。■(いい/口+夷)。謝三郎(しゃさぶろう)四字を識らず。

    頌に曰く
西来の直指、事は嘱するに因って起る。
叢林を撓聒(にょうかつ)するは、元来是れ■(なんじ/イ+尓)。



「これは禅宗祖師ダルマと、のちに第二祖となる慧可との間に交わされた問答で、“安心問答”とよばれて、これこそ禅問答のルーツといわれているらしい。

慧可は入門を願っていくたびもダルマのもとに通っていたが、許されなかった。ある雪の降る日、少林寺で壁に向かって坐禅するダルマから、またも入門をこばまれた慧可は一晩中外に立ちつくしていた。明け方すでに積雪は慧可の膝を越えた。ついに慧可はみずからの腕を切断して求道のあかしとして、ダルマに示した。これを見てダルマも入門を許さざるを得なかった。慧可、という名はこのとき与えられた名であるという。

慧可 『師よ、わたしはすべての書を読みました。しかし、この弟子のココロは、いまだ不安でいっぱいです。どうか安心させてください』
ダルマ『その不安なココロというのを持ってきてみせてごらん。キミのために安んじてあげよう』
慧可 『そのココロを捜し求めてきましたが、どうしてもみつけだせません』
ダルマ『じゃあ、わたしはすでにキミのココロを安心させたんだな』



すべての禅問答はこのハナシのバリエーションともいえるという。つぎの問答はそのひとつの例やけど、これは『二入四行論長巻子』という本にあるハナシだそうで、


さらに、『<わたくし>は地獄が怖くて、罪をくいあらため、道を修めています』
答え、『君のいう<わたくし>は、どこにおる、<わたくし>がいったい、何者だというのだ』
さらに、『居どころは判りません』
答え、『<わたくし>すら、居どころが判らんのに、そもそも、誰が地獄におちるのか。何物だか判らんからには、すべて妄想が勝手に有ると考えただけのものだ。正しく、妄想が勝手にあると考えだすだけで、すぐに地獄があることになる』


   (柳田聖山『ダルマ』62 地獄におちるもの<講談社学術文庫>)



この問答自体の表面的な意味は、マンガの『一休さん』のトンチ話とたいしてかわらないレベルのもの(屏風のトラをつかまえてみろ、と言われた一休さんが、屏風からトラを追いだして下さい、といって縄を持ってまちかまえてみせた、というハナシなど)だけど、そういうトンチ話として“安心問答”をとらえるとおもしろくない。この問答には従来の仏教界のありかたへの禅の立場からのプロテストがこめられている。慧可はこのとき、すでに中年で内外の書物も読み尽くし、もちろん仏教にも精通している。だから、彼のダルマへの問いかけは哲学や道理をもとめてのものではない、もっと根元的な問いかけだった。

探しても見つかりません、心を求むるに不可得とは、たんに心が見つからぬという、絶望の言葉ではなしに、自分の心の本質を言いあてた、自己確認である。
いってみれば、従来の仏教は、すべてが応病与薬の、方便仏教にとどまる。不安な心を安定させる、方法の探求に終始している。たしかに、それも必要である。しかし、より大切なのは薬のいらない、本来の自己そのものの自己発見である。


              (柳田聖山『ダルマ』8 安心問答)


  『空中楼閣』 永瀬清子

たぐり出される前には蜘蛛の中にその糸がありはしないのと同じに
詩をかく事ではじめて自分を完成させるのだ。
美しい巣は彼の網
そしてその上を彼は自由に駆けまわるが
それは虫を捕えた時破れる所の空中楼閣だ
然し破れやすい故にこそ彼は常に新らしい巣にと熱中する
それは讃むべき事だ、
巣の完成することもそして又破れることも。



   1999/05/08


四十二【女子出定】