MUMONKAN/鐘聲七條

Top > MUMONKAN > 鐘聲七條

【第16則】


   十六 鐘聲七條

雲門曰、世界恁麼廣闊。因甚向鐘聲裏披七條。
無門曰、大凡參禪學道、切忌、隨聲遂色。縱使聞聲悟道、見色明心也是尋常。殊不知、納僧家、騎聲蓋色、頭頭上明、著著上妙。然雖如是。且道、聲來耳畔、耳往聲邊。直饒響寂雙忘、到此如何話會。若將耳聽應難會、眼處聞聲方始親。

    頌曰
  會則事同一家 不會萬別千差 不會事同一家 會則萬別千差

  十六 鐘聲七條

雲門曰く、「世界恁麼に広闊たり。甚に因ってか鐘声裏(しょうせいり)に向かって七條を披(き)る」。

無門曰く、「大凡(おおよ)そ参禅学道、切に忌(い)む、声に随い色を逐うことを。縦使(たと)い聞声悟道(もんしょうごどう)、見色明心なるも也(ま)た是れ尋常なり。殊に知らず、納僧家(のうそうけ)、声に騎(の)り色を蓋い、頭頭上(ずずじょう)に明らかに、著著上(じゃくじゃくじょう)に妙(みょう)なることを。是くの如く然雖(いえど)も、且く道え、声、耳畔(にはん)に来たるか、耳、声辺に往くか。直饒(たと)い響と寂と双(なら)び忘ずるも、此に到って如何んが話会せん。若し耳を将(も)って聴かば応(まさ)に会し難かるべし。眼処(げんしょ)に声を聞いて、方に始めて親し」

    頌に曰く
会するときんば、事、同一家(どういっけ)。会せざるときは、事、万別千差(ばんべつせんしゃ)。会せざるときも、事、同一家。会するときんば、事、万別千差



「雲門和尚は言う、

『メを見開け。世界ははてしなく広い。それなのになぜ、お前たちは合図の鐘を聞くと、袈裟など着て粧し込むのか』



広い、といっても空間的な広さのことでない」
「すべては”はてしなく”つながってヒトツ、ということやね」


  『生まれた年』  寺山修司

肖像画に
まちがって髭をかいてしまった
ので仕方なく
髭をはやすことにした
門番をやとってしまったから
門を作ることにした


一生は
すべてあべこべで
わたしのための
墓穴がうまく掘れしだい
すこし位早くても
死のうと思っている


恋人ができたから
恋をし
海水パンツを買ったから
夏が突然やってきたのだ

思うことがある


小学校の頃から
いつもすこしずつ 人より
遅れたものだ
半鐘が鳴りだしたから
あわてて放火したり
包帯があるから
あわてて血を流したり


そして
中年になったから老けて
順応について考察し
ズボン吊りを上げたり下げたり
しているのに
ただひとつ
そんなわたしの不愉快は
かなしんでいるのに
かなしい事が起こらぬことだ


この数年間
わたしはかなしみつづけ
それから耳をすまして
待ってみたが かなしみは
やってこない
かなしみのやつ
挨拶の仕方を忘れたか

わたしはふとった腹をなでながら
ありあまる人生を
ただひたすらに
かなしむことによって
かなしむ
という
ことにしているので
ある



   1998/12/12


十七【國師三喚】