MUMONKAN/女子出定

Top > MUMONKAN > 女子出定

【第42則】


   四十二 女子出定

世尊、昔、因文殊、至諸佛集處値諸佛各還本處。惟有一女人近彼佛坐入於三昧。文殊乃白佛、云何女人得近佛坐而我不得。佛告文殊、汝但覺此女、令從三昧起、汝自問之。文殊遶女人三■(一*巾)、鳴指一下、乃托至梵天盡其神力而不能出。
世尊云、假使百千文殊亦出此女人定不得。下方過一十二億河沙國土有罔明菩薩。能出此女人定。須臾罔明大士、從地湧出禮拜世尊。世尊敕罔明。却至女人前鳴指一下。女人於是從定而出。
無門曰、釋迦老子、做者一場雜劇、不通小小。且道、文殊是七佛之師、因甚出 女人定不得。罔明初地菩薩、爲甚却出得。若向者裏見得親切、業識忙忙那伽大定。

    頌曰
  出得出不得 渠儂得自由
  神頭并鬼面 敗闕當風流


  四十二 女子の出定(しゅつじょう)

世尊、昔、因みに文殊、諸仏の集まる処に至って諸仏各々本処に還るに値う。惟(た)だ一の女人有って彼の仏座に近づいて三昧に入る。
文殊乃ち仏に白(もう)さく、「云何(いかん)ぞ女人は仏座に近づくことを得て我は得ざる」。
仏、文殊に告ぐ、「汝但だ此の女を覚して、三昧より起たしめて、汝自から之れを問え」。
文殊、女人を遶(めぐ)ること三■(一*巾/そう)、指を鳴らすこと一下(いちげ)して、乃ち托して梵天に至って其の神力を尽くすも出(いだ)すこと能わず。
世尊云く、「仮使(たと)い百千の文殊も亦た此の女人を定より出すことを得ず。
下方一十二億河沙(がしゃ)の国土を過ぎて罔明(もうみょう)菩薩有り。能く此の女人を定より出さん」。
須臾(しゅゆ)に罔明大士、地より湧出して世尊を礼拝す。世尊、罔明に勅す。
却って女人の前に至って指を鳴らすこと一下す。女人是に於いて定より出ず。

無門曰く、「釈迦老子、者(こ)の一場の雑劇を做(な)す、小小を通ぜず。且らく道え、文殊は是れ七仏の師、甚んに因ってか女人を定より出だすことを得ざる。罔明は初地(しょじ)の菩薩、甚んとしてか却って出だし得る。若し者裏に向かって見得して親切ならば、業識忙忙(ごつしきぼうぼう)として那伽大定(ながだいじょう)ならん」。

    頌に曰く
出得するも出不得なるも、渠(かれ)と儂と自由を得たり。
神頭并びに鬼面、敗闕(はいけつ)当に風流。


昔、シャカのもとに多くのホトケたちが集まったときのこと。文殊だけがなぜかのけものにされてしまった。彼がシャカのもとに到着したときには他のホトケたちは皆立ち去ったあとで、ただひとりの女が仏座近くで定に入っていた。


文殊『なぜ女人が仏座近くにいて、わたしが遠ざけられたのですか?』
シャカ『わけはこの女に聞くがよい』


そこで文殊は、女のまわりを三べん廻ってパチンと指を鳴らし、その手に女をのせて梵天に昇って、神通力の限りを尽くしたが、女を定から覚まさせることはできなかった。


シャカ『たとえ百千人のキミがチカラをあわせてもできはしないだろう。はるかかなたに罔明菩薩というひとがいる。かれならこの女を覚まさせることができるだろう』


という間もなく、罔明菩薩が地より湧き出てシャカに礼拝した。シャカが命じると、罔明菩薩は女の前に立ってパチンと指を鳴らした。女は定から覚めた。



「文殊は『七仏の師』といわれる尊いホトケだ。それに対して罔明菩薩というのは菩薩修行の初心者にすぎない。それなのになぜ文殊にできなかったことが罔明にできたのか?」


  『オー マイ ダーリン』 新川和江

マイ ダーリン あなたの
おでこはとても哲学的
どもりがちに組立てるその論理(ロジック)も哲学的
それなのにわたしが生んだお猿さんは
ジャングル・ジムとまちがえる
のぼったり おりたり 隙間風と鬼ごっこして
はくしょん 風邪をひく
・・・・・・わたし
あなたに内緒で 薬を調合せて飲ませてあげたわ


マイ ダーリン あなたの
シャポーはちょっと神秘的
目深にかぶった思想(ソート)とやらも神秘的
それなのにあわてんぼうのせんたく屋が
ポマードのしみとまちがえる
鼻歌まじりで かるい気分で揉みあらいして
ぺしゃんこ 型なし
・・・・・・わたし
あなたに内緒で 煙出しの屋根にのっけておいたわ


マイ ダーリン あなたの
はだかはぜんぜん悲劇的
あばらもあらわなその精神(スピリット)も悲劇的
それなのに近眼(ちかめ)でとんまの四十雀が
はしばみの枝とまちがえる
いそいそ巣をかけ 願かけて卵抱いても
こんりんざい 孵らない
・・・・・・わたし
あなたに内緒で スカートの襞にかくまってやったわ


オー マイ ダーリン かわいそうなひと
赤いスカート穿けない男はひとりぼっち
ポケットだらけの重たい服着て
きょうもどこかへ出かけていく
あなたを見てると涙が出てくる



   1999/05/19


四十三【首山竹篦】