MUMONKAN/州勘庵主

Top > MUMONKAN > 州勘庵主

【第11則】


   十一 州勘庵主

無門曰、一般堅起拳頭、爲甚麼肯一箇、不肯一箇。且道、■(言+肴)訛在甚處。若向者裏下得一轉語、便見趙州舌頭無骨、扶起放倒、得大自在。雖然如是爭奈、趙州却被二庵主勘破。若道二庵主有優劣、未具參學眼。若道無優劣、亦未具參 學眼。

    頌曰
  眼流星  機掣電
  殺人刀  活人劍


  十一 州、庵主(あんじゅ)を勘(かん)す

趙州、一庵主の処に到って問う、「有りや、有りや」。主、拳頭(けんとう)を 堅起(じゅき)す。州云く、「水浅くして是れ■(ふね/舟+工)を泊する処にあらず」。便ち行く。又た一庵主の処に到って云く、「有りや、有りや」。主も亦た拳頭を堅起す。州云く、「能縦能奪(のうじゅうのうだつ)、能殺能活(のうさつのうかつ)」。便ち作礼す。
無門曰く、一般に拳頭を堅起するに、甚麼(なん)としてか一箇を肯(うけが)い、一箇を肯わざる。且く道え、■(ごう/言+肴)訛(か)甚(いず)れの処にか在る。若し者裏に向かって一転語を下し得ば、便ち趙州の舌頭に骨無きを見て、扶起 放倒(ふきほうとう)、大自在(だいじざい)なることを得ん。是(かく)の如くな りと雖然(いえども)争奈(いかん)せん、趙州却(かえ)って二庵主に勘破(かんぱ)せらるることを。若し二庵主に優劣ありと道わば、未だ参学の眼(まなこ)を具(ぐ)せず。若し優劣無しと道うも、亦た未だ参学の眼を具せず」。


    頌に曰く
  眼は流星、機は掣電(せいでん)
  殺人刀(せつにんとう)、活人剣(かつにんけん)



「もはやおなじみ趙州和尚。訪問先で言う、

  趙州『アルかい?』
  (庵主Aは黙って、拳を立てる)
  趙州『浅い浅い。他に行こう』


さて、別の訪問先でまた和尚、

  趙州『アルかい?』
  (庵主Bは黙って、拳を立てる)
  趙州『生かすも殺すも自由自在とはアンタのことだ』


と言って庵主に頭を下げた、というハナシ」
「相手が同じ態度なのに正反対の評価をするのはナゼ?・・・・・・なあんて、初歩的な質問はもうしませんよ〜」
「ひとつのパターンでね、同じようなのは後からも出てくる。で、あんまり言えることもないんで、しょーもない妄想も浮かんできたりして・・・。拳を立てる、という行為に性的シンボリズムを感じたり」
「喝〜ァ〜ッ!ミジュクモノめえ!こんにゃく問答にもならん」


  『やぎさん ゆうびん』  まど・みちお

しろやぎさんから おてがみ ついた
くろやぎさんたら よまずに たべた
しかたがないので おてがみ かいた
―さっきの おてがみ
ごようじ なあに

くろやぎさんから おてがみ ついた
しろやぎさんたら よまずに たべた
しかたがないので おてがみ かいた
―さっきの おてがみ
ごようじ なあに

   1998/11/30



十二【巖喚主人】