Anthology/悲 歌

Top > Anthology > 悲 歌


  悲 歌

鏡に映るわたしがまだ動かないうちから
わたしはその動きを言い当てる
鏡に映るわたしがまだ話さないうちから
わたしはその嘘を見破る
君のことはなんでもお見通しさ
とわたしが言うと同時に
鏡に映るわたしも同じことを言う
いつのまにかわたしは鏡の中にいて
鏡の外のわたしに話しかけているのだ
鏡の中でわたしは思いついた
この世で落ちてゆくものには
みな物語がある
墜落してゆくように見えながら
懸命に飛び上がろうとしているのだ
遠ざかっていくようで
歩み寄ろうとしているのだ
不意に鏡の外のわたしが
鏡に向かって身を投げる
わたしは彼を抱きとめる


世界は一枚の地図のようだ