Anthology/自伝

Top > Anthology > 自伝


  自伝


液晶パネルの上を文字が這ってゆく
文字の形して・・・
やがてそれは形のない意味となる
意味たちは列をなすと
ときには詩という形に整列したりする
でも私はすぐにその形の無意味さに気づく

私の詩は意味の破片の集積
無限の沈黙の屍骸
繁殖する引用
溶解する日常なのだから

記憶の痕跡は
比喩の国境を越えてやってくる
過去の私にぴったりよりそいながら
最後に文字は私の意味となる
形のない私の
墓碑銘として