Anthology/九月

Top > Anthology > 九月


   九月


瓶詰めの猫
という思考は
少女の哲学である


引き出しをあけると
誰もいない秋の海
の音がした


  Oh! Cat
  砂のお城を襲撃しませう


昼下がりの書斎で
緑の猫が栞をなめる


ぼくの書物が皆燃える・・・


手品師の公式見解
のような
秋は抒情の季節です