Anthology/たそがれ

Top > Anthology > たそがれ


  たそがれ


夢のなかで
影踏みをしていたら
踏まれたわたしの影が
スッとあしもとから離れた
夕暮れのながながとした影たちのなかに
わたしは自分の影を見失った
目が覚めて
燦々とふりそそぐ陽の下で
朝食のテーブルについた
わたしたち家族は
みんな影を失っていた
平面の世界で
押しつけられた指紋のように
採取されるのを待っている
わたしたちは
いったい誰の存在証明なのか


黄昏の国に
影たちの家がある
テーブルの上の燭台の灯に
影たちがゆらゆらゆれている
吹き消すと
世界が誰かの影になる


その闇のなか
しだいに薄れていく意識のなかで
わたしたちはしっかりと
抱きしめあっていた