Anthology/【贋作】『サラダ記念日』

Top > Anthology > 【贋作】『サラダ記念日』


女宛送る手紙に『友情論』を引用してるだあれあなたは


愛告げてしまいたけれど遠景の似合うあなたをしばらく惜しむ


「その歌はよせよ」と君がぽつり言うこの曲と決めマイクもつ吾に


愛ひとつ受けとめられず泳ぐ君太平洋も花いちもんめ


さっきまで鏡にあった抽象画 誰の泣き顔?知らない知らない


愛人でいいのとうたう歌手がいて 愛したいの?愛されたいの?


言の葉の裏を返して見てみたい 時には長い手紙を書いて


一プラス一の答えにたどりつくまでの迷宮なのか人生は


クロッカスの花閉じる夜に愛されて「今日のことは忘れない。明日までは」


立ったままバーガーショップで自由は眠る一所不在の待ち人として


左手でジグソーパズルの最後のピース置くように言う さよなら


そら豆のはじける音で思い出す 一分間だけ眼を閉じてみる