Anthology/【雲雀籠】

Top > Anthology > 【雲雀籠】

人恋し北の雲雀の北に落つ


胸底の闇に沈みし雲雀籠


目つむれば身ひかりながら揚雲雀


雲雀落つもはや廃墟の青空を


墜ちることわすれ雲雀は透きとおる