Anthology/【ネメシス】

Top > Anthology > 【ネメシス】


ある夜われ椿となりて落ちにけり夢のなかにて君ゆく道へ


青年が古い鏡に入りゆくときエーコーよ君は春雷となれ


君葬(はぶ)る土捨つべきか一握のわが領土より雲雀は高し


立棺を開ければ一望荒野なり薔薇の破片は燃やして閉じむ


見えていてすでに海は記憶のなか砂に埋もれる五月のかもめ