野本京子

Top > 野本京子

Poet

 

とても頑張らないとことばが出てこないんだ
ことばはいつも あるひとつの方向を向くね
それがいやだ だってぼくは
あるかんがえには かならず逆のかんがえがあり
それでさえも
ところを代えればやっぱり正しいってことを知ってる
ひとつのほんとうは ひとつのうそをつれてくるし
ほんとうが複雑なら うそはもっと精妙になる
だから、ね 夢みてるんだ
いちどきにすべてを撃てる
ことばを

                     
わたしは幾度もうなずきましたが
かれの夢のはんぶんもわからず
それでもホトリは 幸福そうでした

                     
かれは知っていたでしょうか
いちどきに
あらゆる方向へことばをうてる者は
また いちどきに
あらゆる方向からうたれる者でもあると
そのひとは鎧も楯すらもなく
ただただ 素はだかで さらされていることを
           野本京子「ホトリ」より

 

「極東少年」[fes]far east station

_Link_野本京子「極東少年」

野本 京子(前田由紀子)さん。ぼくがパソコン通信(ニフティ)をはじめて一番最初に詩の感想を書いたのが野本さんの作品でした。なにか“祈り”のような詩、というのがぼくの野本さんの作品へのイメージです。そんなすてきな詩がたくさん読めるサイトです。

[追記 2004/10/02]野本京子さんは残念なことに2003年12月に亡くなられました。サイトも現在は閉鎖されています。このリンク先はInternet Archive(http://www.archive.org/)のサービスによるものです。

関連ページ

_Link_野本京子「描かれなかった詩のために」 奥主 榮さん
_Link_野本京子「生きてゐるから動きもするワ」高木 元さん